スポンサーリンク

ネットに情報をアップする時によくある葛藤

今日はどうしても載せたい写真を1枚だけ。

スポンサーリンク

娘の描いた絵

真ん中のまるすけ以外は全て僕の娘が描いたんですよ

僕がこの世で2番目に好きな絵です。

1番は言わずもがな。

こういうのは裏話なんですが

ネットに情報をアップする時は

それを見る人がどう思うかを第一に考えます

自分がどう思うかなんて二の次三の次なんですね

当たり前と言えば当たり前ですが

改めて言われるとちょっと寂しいでしょう。

だけども時には自分の思いを最優先にアップしたいです。

誰がどう思うかなんて考えずに

好きなものは好きなんだ!と言いたい時があります。

その代表例が娘の絵です。

自分のブログなんだから好きなことを書いてよいじゃん!と開き直ります。

ブロガーとしては三流の考え方でしょうかw

余談ですがそんなことを考えながら

ツイッターに娘の絵をアップしたことがあるのですが

予想に反して「いいね!」が山ほどつきました

え?なんで!?

リアルでの話とは違って

ネット上は人の思いがモロに出る場所なので

他人の子供ののろけ話なんて誰も興味ないはずでしょう。

ましてや匿名のツイッターですよ。

この不思議な現象に対して深く考えていたら

1つの結論にたどり着きました。

「いいね!」の大半は

喜んでいる僕の気持ちを察しての「いいね!」だったのかな、と。

これを読んで普通の話じゃないかと思った人は

きっと暖かい心の持ち主でしょう。

ドラクエ10プレイヤーはあったけえあったけえとよく言うけど

こういうのが具体例の1つなのかなと感じます。

ほかのネットゲームと比べて

ドラクエ10プレイヤーはこの傾向が強いです。

少なくとも僕が今までプレイしてきたネットゲームとは全然違う世界です。

スポンサーリンク
仲良く使ってね。見る人が不快になる言葉は削除します。